温度制御デバイス

温度制御デバイスは、加熱・冷却の両方が可能な素子「ペルチェ素子」を使用して温度制御行うデバイスです。
温度検出器にはサーミスタを利用します。

温度制御の構成断面イメージ

製品のコンセプトは【小物体の高安定温度制御】です。
上図のような構造であれば、制御対象を±0.01℃の範囲で高安定に制御することができます。
サイズや駆動形式などで多種用意していますので、用途に合った物をお選び頂けます。

ペルチェ駆動方式の違い

TCU-100DHはPI制御につきもののオーバーシュートを削減

PI制御方式で必ず発生すると言ってもいいオーバーシュートを削減しています。

温度検出器にサーミスタを使用する理由

温度センサにはいろいろな種類がありますが、代表的なものとしてサーミスタ・白金抵抗・熱電対があります。
それらは用途によって使い分けられています。

種類 長所 短所
サーミスタ 検出感度が高い
抵抗値変動で扱いやすい
応答速度が早い
あまり直線性がない
使用温度範囲が狭い
白金抵抗
(Pt1000など)
直線性がある
抵抗値変動で扱いやすい
応答速度が早い
検出感度が低い
熱電対 高温に対応可能
使用温度範囲が広い
検出感度が低い
起電力変動で回路が大きい
応答速度が遅い

このようにサーミスタは狭い温度範囲の高精度温度センサとして最適なのです。

レーザードライバ

制御技術をレーザードライバに活かして半導体レーザーモジュールのACC制御、APC制御を行う基板を提供しています。

LS-LDDは入力信号1kHzまで対応可能です。
MS-LDDは入力信号1MHzまで対応可能です。

事前にモジュールのデータシートや入出力条件を提示していただくことで、より使いやすい製品を提供することができます。