特徴

  1. 制御信号入力はアナログ入力になりますが、ご希望があればオプションでDAC付きアナログAPCレーザードライバとしても構成できます。
  2. 信号入力の立上がり(tr)、立下がり(tf)は200nS以内で、1MHz以内の矩形入力波形に対しても一つ一つの矩形のレベルに対応してAPCがかかります。
  3. レーザーOFFにつきましては数mA以下までおさえられますので、光のレベルとしては「光OFF=60dBm以下」にできます。
  4. スロースターター機能付きですので、電源ONやレーザーON信号からの立上がり電流はランプ状に増加し数十m秒~数秒までの範囲で設定可能です。(可変ではありません)
  5. クイックシャットダウン機能付きで、電源低下や電源OFFについても電源の低下より早くレーザーのドライブ電流をOFFにして、過大サージ電流の発生を抑えます。
  6. アノードコモンもカソードコモンも、コモンをグラウンドとして使用可能です。ノイズに強い系を組むことができます。

製品仕様

  MS-LDD
電源 ±5V±5%
出力 MAX5V 240mA
入力 ±5V以内 1MHz以下 同軸(U.FL)端子
制御方式 APC/ACC切替可能
制御安定性 APC  ΔI PD≦20μA   ACC  ΔI LD≦1mA   *絶対検出精度は5%以内
応答性 tr,tf  300nS以内
対応PD 0~2mA  変換効率≒0.8  精度0.1%
外形(mm) 47×55
接続 LD・PD・制御信号の端子は同軸U.FL その他モニタ等はスルーホール用のピンを使用

 

詳細はこちら

詳細はこちらからダウンロードできます。
(仕様は予告なく変更・修正することがあります)

制作実績一覧